これからの介護

Save a life

これからの介護

日本では2007年以降、65歳以上の人が人口の21.5%を超えて超高齢社会となりました。
この結果「介護」が必要となる人の数が今後増えていくことが現実になっています。

2011年では、介護が必要とされる人が531万に達し、前年度比4.8%の増加になっているとのことです。
介護が必要とされる人を年代別で見てみると、40から64歳約16万人、65から74歳約65万人、75歳以上450万人となっており、75歳以上の人が約85%となっています。

家族の中でも介護を必要とする人が増えていることは、確かなようです。
同居している人が介護しているのが現状であり、配偶者、子供、子供の配偶者が主な介護者として介護をしています。

介護者のうちの60%が既に60歳以上といったことになっており、老々介護が今後大きな社会問題となっていくであろうと予想されています。
経済的な面から見ても介護費用をどのように賄うかという意識調査では、年金収入という回答が多く、国の年金財政が厳しくなる中今後の国の対応が求められています。


一人で探さないことも大切な介護の求人探しとは?

介護の就職先を探していく際、求人情報を探すのは自分一人の力で探さなければならないと思っていませんか。
ですが、そのようなことはなく、就職先を探す場合であれば、サポートする人の力を借りて探していくことも大切です。
では、求人を探していく際にサポートしてくれる人としては、どのような人があげられるのでしょうか。
学校に通っている場合であれば、学校のキャリア相談室の職員の方に協力してもらうこともできます。
また就職をサポートするコンサルタント業者の力を借りて、就職先を探していくのも選択肢の一つです。
キャリア相談室の場合、学校の生徒であれば、誰でも手軽に利用することができます。
初めて利用する人にとっては不安を抱えているということもありますが、心配する必要はありません。
キャリア相談室の職員の方は、一人一人の学生のために様々なアドバイスをくれる存在でもあります。
介護関連の専門学校等であれば、学校からの推薦枠がある可能性もあります。
そのような就職のチャンスを逃さないためにも、学校のキャリア相談室を活用していくことが大切です。
さらにコンサルタント業者を利用する場合、誰でも無料で利用することが可能です。
プロのコンサルタントの方との面談を通して、自分にぴったりの職場を一緒に探してもらうことができます。
このようなコンサルタント業者では、求人情報サイトなどには掲載されていない募集情報を扱っている可能性もあります。
さらに内定をもらうためのサポートもしてくれるので、就職の可能性が高くなります。

おすすめWEBサイト 5選

京都 フォトウェディング
http://www.kyoto-maedori.jp/
港区 貸事務所
http://tokyo-tenanto.com/
過払い 無料相談
http://www.taketomi-saimu.jp/